キーワード選定方法
Wokandapix / Pixabay

キーワード選定の手順

 

①抽出

まずは、リサーチ(調査)をする。

 

②拡張

A)縦展開―ロングテールキーワード

「花見」⇒「花見 東京」

B)横展開-ずらしキーワード

「花見 東京」⇒「花見 大阪」

 

③選別

諸々勘案して、絞り込んでいく

 

という流れで行う。

 

①キーワードの抽出

以下方法で、キーワードを 探して、メモ帳ソフト(TeraPad、Meryなど)に20個~40個ぐらい抜き出していく。重複行削除ツールでキーワードをまとめる(=洗う)ことができる。

●商品公式販売サイト(LP)のセールスレター

●ライバル商品(最低3、4個)のセールスレター(←ASPやAmazon/楽天で調べる)

●Q&Aサイトで商品名を入れて検索

●口コミサイトで商品名を入れて検索

●インターネット以外(書籍、雑誌、新聞、テレビCM、街頭広告、日常会話など)

●Twitter検索

自分が書いた嘘の口コミではなく、本物を探す努力をした事をGoogleに分かってもらえるよう、口コミなどはTwitterやインスタ等の本当の声を埋め込みで掲載しながら行うのが望ましい。

代表的検索コマンド

「from:ユーザーID名」入力したユーザーがしたツイートのみに絞って検索

「filter:images」画像を含むツイートのみを絞り込んで検索

「filter:videos」動画を含むツイートのみを絞り込んで検索する

「since:年-月-日」指定日から現在までに絞り込んで表示

「until:年-月-日」過去から指定日までに絞り込んで表示

「-(検索から除外したい言葉)」

「-filter:links」リンクを除外

 

●ライバルサイトからの抽出

ライバルが見出しで取り扱っている内容の中に個別記事を作るだけの情報を入れられないか。

 

●ASPの案件情報ページ

バナー文言、リスティングNGワード

 

●アドセンス広告の文言

 

②A)複合キーワード(ロングテールキーワード)

売れている人気商品を狙うのがセオリーだが、ジャンル系の単体キーワードは超ビッグキーワード。メインキーワード(=サイトタイトルに使うキーワード)は複合キーワードを設定する。2語キーワードでもライバルが多い場合は、3語キーワードで攻める。または、キーワードを少しずらす。 

 

サジェストキーワード(検索エンジン)

●ヤフー虫眼鏡

●Googleサジェスト

直近検索されているキーワードが分かる。Yahoo!とGoogleでは違うサジェストキーワードが表示されるので、両方で調べる。

グーグルサジェストキーワード一括DLツール

 

②関連キーワードツール

関連キーワード取得ツール

goodkeyword

KOUHO.jp

③共起語ツール

検索需要(月間平均検索ボリューム)も同時にチェックできるツール

●キーワードプランナー(Google広告)

●キーワードアドバイスツール(YAHOOプロモーション広告)

●Ubersuggest

いずれも、関連キーワード発掘と検索需要チェックの2種類の機能がある。

*キーワードプランナーでは、

「フィルター」→「キーワードのテキスト」→「次を含む」→キーワード入力

で、掛け合わせキーワードのみを取得できる。

 

②B)ずらしキーワード

専門用語など、そのキーワードを知らない(または、度忘れしてる)ユーザーにアプローチできる。

 

・類義語

育毛⇒増毛

類義語辞典

 

・連想キーワード

育毛⇒頭皮

連想類語辞典

 

・言い回しを変える

育毛⇒薄毛 治療(2語に分解)

 

③キーワード選別

●2語より3語、3語より4語など、できるだけ多めの複合のキーワードを狙うと、検索ユーザーの意図を把握しやすい。「深い層」のキーワード(=スモールワード)を狙っていくと、それよりも「上の層」のキーワード(=ビッグワード)でも検索上位に上がる傾向がある(小は大を兼ねる)。

 

●月間検索ボリュームの目安

キーワードプランナー

「1000~1万」サイトタイトルとして狙うべきキーワード

「100~1000」中間的キーワード。イメージは、カテゴリー名レベル。

「10~100」記事タイトルとして狙うべきキーワード

「0~10」×

 

●ライバルサイトチェック

〇PPC広告が十分に多い(⇒売れやすい商品)

〇無料ブログがある

〇Q&Aサイトがある

〇内容がペラペラなサイト(情報量や内部リンク)がある

×企業が運営しているサイトが並ぶ

×Amazonや楽天などのショッピングサイトが並ぶ

 

(番外)サイト作成後

サーチコンソール(要登録)

自分だけが知れるお宝キーワード。

おすすめの記事