大原則

・訪問者はどのようなキーワードで検索しているのか?

・この商品を欲しがる人はどんな悩みを抱えているのか?

・どのような場所なら売れるのか?

・どのような時に必要とされるのか?

検索する人のニーズを読み取って、この商品を購入しようと考えている人が 必要な情報を、一つのサイトでまとめてあげる。

 

キーワードの種類

購買意思決定プロセスは、以下の順に進む。下に行くほど、アクセスは少ないが、購買意欲が高い訪問者が来る。

 

①問題認知して情報収集

⇒「悩み系キーワード」を含む。「乾燥肌」「ほうれい線」「思春期ニキビ」等。

×

「改善」「方法」「原因」「気になる」「予防」

 

②複数商品の比較検討

「ジャンル系キーワード」を含む。「育毛剤」「青汁」「キャッシング」「エステ」「ダイエット」等。

×

比較:「比較」「ランキング」「おすすめ」

効果:「効果」「副作用」

 

③商品を購入するとき

⇒「商標キーワード」を含む。

×

1次情報:「体験」「レビュー」

2次情報:「口コミ」「感想」「評判」「評価」

購買:「送料無料」「無料」「最安値」「格安」「激安」「予約」「販売」「購入」「通販」「申込み」 「サンプル」「査定」「地域名」「在庫」

おすすめの記事