出会い系アフィリエイトには、以下4パターンある。下へ行けば行くほど、収益も上がるが、難易度も上がる。

 

①体験談サイト

・狙うキーワード:サイト名×地域名、サイト名×アダルトワード、出会い系×地域名

・アクセスの割に成約率はそんな高くない

・出会い系を使ってみる⇒出会う⇒エッチできた⇒この出会い系マジおすすめ、の流れ。

・「アダルトワード」は、エロビデオを見たくてキーワードを検索しているユーザーではなく、リアルに出会って女性とセックスがしたいユーザーが検索しているキーワードを意識する。「AVを見て自分で性欲を満たす」方法を教えるのではなく、「実際に出会い系サイトで○○な女性と会うことは可能です」と教えること。

・「出会い系で童貞を卒業できるか挑戦するサイト」「熟女とひたすら会っていくサイト」「出会い系でナンバーワンの巨乳を探す」など、他と差別化するための独自性のあるサイトを作る。「性癖」「女性の好み」「地域性」「願望のプレー」「性に対するコンプレックス」をぶれずに一貫性を持たせて記事を書いていく。例えば、「熟女」を狙うキーワードに設定するなら、毎回記事の文中に「熟女」をちりばめていくと、Googleも「このサイトは熟女について書いている」と判断してくれるようになる。

・記事作成は、ランサーズで外注することもできるが、アダルト系の募集は基本的に禁止。1500文字以上で500円程度。

 

<グレーな裏技>

・ネット上で転がっている体験談記事のリライトが多い。表現、ストーリー、プレーの内容をちょっと変える。「PC MAX→ワクワクメール」「巨乳→貧乳」「20代のギャル→34歳の熟女系人妻」

・受注側の人に出会い系サイトに新規登録させて、利用してみた感想を書かせると、アフィリエイト報酬もゲットできる。

 

②攻略・指南サイト

・狙うキーワード:サイト名×攻略、出会い系×攻略、出会い系×会う方法

・濃いユーザーが集客でき、コンバージョン率が高い

・すでに登録済みのユーザーのために、いくつか複数サイトを紹介しておくと取りこぼしも少なくなる(3サイトがベスト)

・複合3語(「出会い系×攻略×真面目」とか)なら狙える

 

③口コミサイト

・狙うキーワード:サイト名×優良、サイト名×悪質、出会い系×口コミ

・ユーザーに出会い系サイトの感想を投稿してもらうので、コンテンツが自動更新されていく

・WordPressなら、プラグインWP Customer Reviewsを使って、口コミ機能を付けれる

 

④比較ランキングサイト

・狙うキーワード:出会い系×比較、出会い系×ランキング、出会い系×おすすめ

・登録直前のユーザーを捕まえられるから成約率は高い

・ランキングを作成して、トップページに置く

 

女性集客する

・女性ユーザーが多く集まってる記事を見つける(後述の通り、コンプレックス系テーマの記事が多い)

・コンプレックスを持っている女性が、リアルの出会いに臆病になって出会い系を探すパターンが多いので、

「コンプレックス系キーワード」が狙い目。そんな女性の気持ちを汲み取って、そっと背中を後押しするような記事を書く

・女性目線からの恋愛系記事を専属ライターに書いてもらって、女性集客を行うのも良い

・「出会い系サイトの男性はまともな人間が多い」「こんなに良い出会いができますよ」「普通の男性との出会いと全く変わりませんよ」という、安全面の訴求も入れる。「危険な男性の回避の仕方」とか「安全に出会うための、出会い系サイトでの注意点」とか「この様な男性の書き込みには注意」等のコンテンツも沢山書いていく。

・「もう少しライトに出会い系を楽しみたい」「仕事が忙しいけど、寂しさを男性で紛らわしたい」女性には、エロの部分は「含ませつつ」書く。男性の様に「エロ」を訴求しすぎると引かれる。

 

ツイッター集客(裏技)

・女性アカウントを作ってフォロワーを増やす。女性アカウントはフォロワーを増やしやすい。モテるテクニックをつぶやいているナンパ師のフォロワーのように、出会いたい願望が強い人をフォローしまくる。アカウントBANには注意。

・出会い系サイト内の書き込みをコピペして、自動つぶやきBOTを使って定期的にツイートする。名前、地域、自己紹介文、アフィリリンク。30分おきランダムで。

・誘導するLPは、自分の別のサイトから丸コピペして、インデックスさせなければよい。

 

体験談サイトの画像

やり取りのキャプチャや、会った女性の写真などがあるとグッと信憑性が増す。アクセサリ、指輪、ホクロ、シミ、タトゥー、イヤリング等、はモザイクをして加工する。

LINEスクショは、iphone限定ながら「トークスクショ機能」を使えば楽。

・1画面に収まりきらない長文のやりとりもまとめて切り取れる

・トーク相手のアイコンや名前を隠して「匿名」にできる

・「落書き」機能で、スクショに絵を書いたり、一部分を黒塗りで隠したりできる

http://official-blog.line.me/ja/archives/78601400.html

 

縦に長い全画面スクショ(フルスクリーンショット)を撮るには、Chromeプラグイン「FireShot」を使う。

 

<グレーな裏技>

・画像や音声は「素人 はめどり 動画」とかで検索して出てきたエロ動画を、キャプチャーする(切り取る)。Twitterなどで収集することも可能だが、編集すべき。

・「もじまる」という無料ツールを使って、LINEのトーク画面を自演できる。

 

 

おすすめの記事