DRMとは?

サイトアフィリエイトはGoogleに依存していて、サイトが圏外に飛んだら終わりなので、しっかりと顧客を囲っておくべき。メルマガが最も有効。ダイレクト・レスポンシブル・マーケティング(DRM)やリストマーケティングとも言う。特に、高額商品を扱う情報商材アフィリエイトでは必須の仕組み。主にメルマガやLINE@で行うが、LINE@は長文が送れない、ブロックされやすい、という欠点がある。

①集客

ブログやSNSで、リスト収集。無料レポートを配布する方法もある。 

②教育(ブランディング)

メルマガ内で、信頼関係構築やファン化を進める。

③販売

 

準備:メルマガ配信スタンド

まぐまぐやメルマ!などの無料スタンドは、リスト管理ができないからNG。

選ぶ基準は以下の通り。

・読者登録フォームがある(読者が自分でメールアドレスを登録してくれる)

・到達率が高い

・ステップメール(=あらかじめ設定しておいたメールをスケジュールごとに配信するシステム)が利用可能

・クリック計測が可能

・顧客リストのダウンロード可能(→メルマガスタンドの引越しができる)

これらを満たすのは、

MyASP(マイスピー)

初期費用ゼロで、月額3000円で始められる。スタンダードプランなら、アフィリエイトセンター機能も利用可能。(自己アフィリエイト禁止で、自分のアフィリエイトリンクから申し込んでも、成果はつかないのが残念。)

 

メルマガの構成

①ヘッダー

・相手の名前(置き換え文字)
・挨拶
・自分の名前

シンプルに。なくてもOK。

 

②本文

「個人宛ての手紙」を意識して書く。

 

③編集後記

ちょっとした私生活や雑記を書く。こちらがどういう人間なのかということにも興味を持ってもらえる。

④フッター

「改正特定電子メール法」により、宣伝広告(アフィリエイト含む)に関わる電子メールには、発行者情報を必ず明記しなければいけない。


■発行者情報

発行者:
連絡先(メールアドレス):
住所:
配信解除URLはこちら:

また、万が一このメールが迷惑フォルダに入ってた場合は
下記のサイトを参考にして、迷惑メールフォルダに入らない設定をしてください。

http://


・発行者名は、法人名でもOK。

・連絡先は電話番号は無くてもOK。メールアドレスは、レンタルサーバーで無料で作成可能。

・住所は、WEB サイト上で記載し、そのサイトのURL をメルマガ上で記載すると良い

 

ステップメール戦略

・最初は、徹底的に有益な情報を発信。クリック率や質問メールの頻度から、信頼関係がある程度築けていると判断したら、アフィリエイト開始してOK。

・商材は「ロングセラー商材」を売る。商品紹介のポイントは、「繰り返し、違った角度で、何度も紹介する」。

・アフィリエイトリンクは、URL短縮サービスを使って短縮する。有料ツール(自分のサーバーに設置できる短縮 URL)の方が良いが、無料もある。https://bitly.com/

*逆に、短縮URLの元のURLを確認するツールは、GetLinkInfo

 

購入者リストの取得とクロスセル戦略

インフォトップの「自動特典配布機能」で特典を配布した場合、「購入者リスト」がとれない。ここで購入者さんとの関わりが切れてしまうのは勿体ない。ステップメールを送り「クロスセル」「アップセル」をかけていくと良い。各商材ごとに登録フォーム(シナリオ)を作成しておくと、リスト内でどの商材を購入した人かが明確に分かり、完全な属性分けができる。また、購入者用メルマガは確度が高いリストなので、無料メルマガとはしっかり区別すること。

<リスト取得方法>

①特典請求用のURL(=配信スタンドのメール登録フォーム)だけを記載した「クッションPDF」を作成する。

②ステップメールを設定し、初回メールに特典PDFを添付しておくと、自動配布が可能。(もし、配信スタンドにPDF添付機能がなければ、特典PDFをレンタルサーバーにアップする。)

③インフォトップの特典設定画面で、「クッション PDF」をアップする。

 

特典PDFの作り方

・商材の欠点を補完する方法、または、商材の使い方を説明する方法、を書く。

・ファイル名は英数字のみとする。

・特典タイトルも、手を抜かず魅力的なものにする。

・WORDを持ってなくても問題ない。ワードプレスで作成すれば、編集が慣れていて楽。編集画面で「ファイル」⇒「印刷」⇒「PDFに保存」でPDF化できる。

・可能なら、音声や動画でもOK。

・サポート特典でもOK。例えば、「私から購入してくださった場合は、3 ヶ月間メールサポートをします」。名前も、「合宿」「塾」「チーム」「ファミリー」「夏季講習」など、違うコンセプトを打ち出すと効果的。

 

ステップメール文例

●1通目(超重要)

---------------------------------------------------------------------
###name1###様

こんにちは、お世話になります●●です。

この度は、<商材名>のご購入誠にありがとうございます。
では、購入特典を以下の URL からダウンロードしてください。

<特典ダウンロード URL>

それでは、今後とも宜しくお願い致します。
---------------------------------------------------------------------

 

●2通目以降

・自己開示

自分のキャラクターが分かる簡単なエピソードを書く。長々と書かない。

・理念(自分の活動理由)

(1)自分はどうなりたいのか?
(2)相手をどうしたいのか?
(3)世界(業界)をどうしたいのか?

を書く。

・フォローメール(アフターフォロー)

 ●●という商材はいかがですか?
 作業は進んでいますか?
 わからないことはありませんか?
 私の特典はどうだったでしょう?

⇒商材の実践がひと段落ついたと思われる時期に「クロスセル」「アップセル」をかけていく。

 

おすすめの記事